◎ 更新情報

■MY棋譜更新しました。

■リンク増えました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK杯で深浦王位の完勝劇を見届けたあと、

午後からはLPSAの1dayトーナメントを、昼間からビール片手に観戦。


第6回1dayトーナメント「ファミリーカップ」(ペア将棋)



今回は「ファミリーカップ」と称したペア将棋でのトーナメントということで、

植山・中井夫妻や中倉姉妹など6組が参加。


棋士夫婦が多いLPSAらしい企画だなあと思いましたが、

島井女流初段が出ないのはちょっと残念です。



さて、その1回戦では優勝候補の植山・中井ペアが、

即詰みを逃して敗退するという、ちょっとした番狂わせが。


これはその対局中の1コマ。中井ママ・・・・・

familycup-01.jpg


で決勝は松尾歩七段・香織女流初段の棋士夫婦ペアと、

大庭美夏・美樹姉妹ペアとの組み合わせに。


相振りから積極的に動いた大庭ペアが優位を掴んだものの、

終盤に致命的なポカがでて、松尾ペアに勝利が転がり込みました。



全体的な印象として、将棋自体はバタバタした感じのが多かったけど(笑)

ペア将棋らしい和気藹々とした雰囲気は、充分伝わってきてたと思います。

たまにはこんな企画もアリですな。



次回開催時は、ぜひ石橋女流王位にも参加してもらいたいッスね。

渡辺竜王とペアで・・・・・最強タッグ誕生(^^)

スポンサーサイト
詰将棋って、一体いつ頃から作り始められたのものだと思いますか?

詰将棋 HOME PAGEによると、
現在の将棋のル-ルは既に室町時代には出来上がっていたようで、
その後江戸時代に、将棋とは独立した形で詰将棋のル-ルが完成したんだそうです。

現存する最古の詰将棋は初代名人である大橋宗桂(1555-1634)によって、
慶長7年(1602年)に作られたそうですから、実に四百年もの歴史があるわけですね。

だとすると大橋宗桂こそ詰将棋の生みの親だといえそうですが、
最初に思いついた人は、多分他にいたんじゃないでしょうかね。

こんな小話があります。

むかし、江戸にさる男あり。
この男いたって将棋好きなりしが、カニも顔負けするほどのヘタの横好きなり。

飯より好きな道なれど、負けることはよほど残念でありしか、ある日
家にこもりてひとり将棋を指し、敵の玉をいじめてひそかに鬱憤を晴らしていたり。

このこと、たちまち大江戸八百八町にひろまり、同様の好棋家をいたく喜ばしたり。

これがいまに残る詰将棋の創始者なり。


本当の話かどうかは知りませんが(笑)
なんとなくうなずけそうなエピソードのように聞こえませんか?

もしかしたら詰将棋のルーツは、意外とこんなところにあるのかも知れないですね。

鈴木大介八段著、「鈴木流豪快中飛車の極意」。

ちょっと古い本ですが、中飛車党なら必ず目を通しておきたい一冊です。


プロの将棋シリーズ〈1〉鈴木流豪快中飛車の極意 (プロの将棋シリーズ (1))プロの将棋シリーズ〈1〉鈴木流豪快中飛車の極意 (プロの将棋シリーズ (1))
(2003/02)
鈴木 大介

商品詳細を見る

昨日紹介した十カ条の、のこり六条です。


(一)

徹気、兵法にいう「実なればすなわちこれを避く」と。

気のすみやかなること、鋭くして当たり難し。

このゆえに敵の兵勢盛んにして、鋭きをばさえぎりてこれをうたず、
その気を通して、そのおくれたるをうつべし。

その盛衰を考えて、鋭なる気を通し、
そのあとへかかってうつときは、勝たざるということなし。

これまた兵法の秘事なり。


(一)

揚気、敵の気をおごらしめ、味方をいやしめ、
あなどるように仕掛けるを、揚気の術というなり。


(一)

没気、味方の勢いを盛んにして剛強ならしめ、
敵の気をしておのずから弱るがごとくならしむる。

これを敵の気を没すというなり。


(一)

止気、利を見て急にすくむ敵の気を止むること。

これを止気という。


(一)

抜気、敵の気盛んにしてくじき難きとき、
金鼓旌旗を用いて敵の思いもよらぬ山村里の中よりうち出し、敵驚きて心乱れるや、
その期をすてずしてうつをいうなり。


(一)

婉気、その気を婉曲ならしむることなり。

敵奇をするときは正となり、正とするときは奇となり、変化の自由なるを婉気という。


以上が、伊藤家口伝の将棋察気十カ条です。

「将棋察気十カ条」というのをご存じですか?

将棋家元として有名な伊藤家の口伝書で、
兵法を基に将棋に応用したものです。
ある意味将棋講座のはしりといえるかもしれません。

以下は名観戦記者「陣太鼓」のペンネームで知られた、
故・山本武雄九段の著書「将棋実戦格言集」から引用したものです。


将棋は眼にて指すものにてはこれなく、ハラにて指すものに候。


(一)

満気、敵に利をあたえ、その気を充満せしめて、その怠るところをうつ。
これを満気というなり。

たとえば、甚だしき敵を半途にさえ切りうたんとするときは、その気盛んにして、
急には押さえとどむること難し。

わざとその利を得せしめて、その怠るところをうつときは、勝たざるということなし。


(一)

変気、敵の気の一方に落ち着いて堅く守れるを、手段を設け、
はかりごとをなして、その気を変転せしむる法なり。


(一)

散気、兵法にいう「敵を誤らすに多方をもってす」と。

敵の気を一定ならしめざるべく、あるいは見せ場を作り、旗を見せ、
旌旗、金鼓をうちならして、実かとすれば虚に変じ、手段を品々に替えて、
敵の気を四方に散らしむることなり。


(一)

遊気、敵の気をあしらい、計を設けて敵の手段を延引せしめ、
その事に油断ありて謀を忘れ、手段を設くる事なし。これを遊気というなり。

たとえば、敵味方相対して兵を労するとき、敵利を見て急にうたんとすれば、
優兵を設けて手段をなし、敵の気を会釈慰遊せしめて、その虚となるところをうつ。

これを遊気の術とするなり。


長いので、続きは次回に。

深浦新王位が誕生しました。

連敗で逆王手をかけられ、相当なプレッシャーがあっただろうと思いますが
それを乗り越え、遂に悲願の初タイトルをGETです。

おめでとうございます!!


無料blog



青野照市九段著、「読むだけで強くなる終盤のコツ130」。

寄せは将棋の中でも、もっとも重要な部分。
本書は基本的な寄せの手筋をわかりやすく解説した、級位者向けの内容です。

初段を目指す方には恰好の教材となり得るでしょう。


パワーアップシリーズパワーアップシリーズ
(2006/09)
青野 照市

商品詳細を見る


中川大輔七段著、その名もズバリ「右四間で攻めつぶす本」。

アマチュアに人気の高い右四間戦法の駒組みから攻め方までを、
次の一手形式で解説した、画期的な右四間専門書です。

ガンガン攻めまくる爽快感を味わいたい方は、ぜひ一読を。


右四間で攻めつぶす本 (最強将棋)右四間で攻めつぶす本 (最強将棋)
(2006/12)
中川 大輔

商品詳細を見る

日曜の朝のお楽しみといえば、NHKの将棋講座。
昨年その講師を務めた谷川浩司九段の講座内容が、本になって登場です。


谷川浩司の本筋を見極める (NHK将棋シリーズ)谷川浩司の本筋を見極める (NHK将棋シリーズ)
(2007/02)
谷川 浩司

商品詳細を見る

赤旗名人戦の地区予選に参加してきました。


今回キロの参加した地区のA級参加者は、わずか6名。
上位3名が県大会に進出できるので、なんと2分の1の超高確率で突破です。
まあ例年この地区は参加者が少ないんですが・・・・・・・

人数が少ないので、総当りのリーグ戦にでもなるのかなと思ってたんですが、
一人3局ずつ指すリーグ戦という、やや変則的なシステムで行われる事に。


まず1局目は、60歳くらいの年輩の方。
やや苦しい展開でしたが、終盤追い上げて逆転勝ち。

2局目は一転して中学生くらいの子との対戦。
これも苦しい内容でしたが、相手の寄せ間違いにも助けられ辛勝。

3局目は敗れたものの2勝1敗で上位3位に入り、なんとか予選を突破しました。

来月の県大会が楽しみです。


無料blog



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。